長寿企業への一つの道 不動産賃貸業 今の時代にも強い、不動産で事業の安定化を。

長寿企業への一つの道 不動産賃貸業 今の時代にも強い、不動産で事業の安定化を。

不動産の管理・運用業務委託におけるクライアント数 業界第1位の実績

※「月刊プロパティマネジメント」2015年〜2020年11月掲載・調査結果より

  • 受託資産時価総額3,605億

    ※2020年12月現在

  • 管理総数1,715室

    ※2020年12月現在

不動産の管理・運用業務委託におけるクライアント数 業界第1位の実績

※「月刊プロパティマネジメント」2015年〜2020年11月掲載・調査結果より

  • 受託資産時価総額3,605億

    ※2020年12月現在

  • 管理総数1,715室

    ※2020年12月現在

企業の事業継続には、本業の収益だけでなく、本業に連動しない事業が必要不可欠です。

企業の事業継続には、本業の収益だけでなく、本業に連動しない事業が必要不可欠です。

一概に事業といっても選択肢が多く
何がよいか迷ってしまいますよね?

一概に事業といっても
選択肢が多く何がよいか
迷ってしまいますよね?

100年以上続く長寿企業の多くは本業だけでなく不動産賃貸業で経営を安定させています。

100年以上続く長寿企業の多くは本業だけでなく不動産賃貸業で経営を安定させています。

本業+不動産賃貸業(本業に連動しない収益、売却可能資産)=安定した経営の実現が可能に。

本業+不動産賃貸業(本業に連動しない収益、売却可能資産)=安定した経営の実現が可能に。

不動産賃貸業は株式投資と比較しても安定しており、ポートフォリオの1つとして事業の安定化に貢献。

全業種・業態の中で長寿企業が最も多いのが「貸事務所業」

全業種・業態の中で長寿企業が最も多いのが「貸事務所業」

本業に貸事務所業を組み入れることで、
事業継続性の向上が見込めます。

なかには本業利益が不調で落ち込む一方、賃料収入で純資産を右肩上がりに増やす企業も。

なかには本業利益が不調で落ち込む一方、賃料収入で純資産を右肩上がりに増やす企業も。

不動産賃貸業を行う上で重要なのは物件選び。収益の安定化は「いかに希少性の高い物件を選択できるか」です。

不動産賃貸業を行う上で重要なのは物件選び。収益の安定化は「いかに希少性の高い物件を選択できるか」です。

その観点から選択すべきは都心にある高品質な中規模オフィス

人口減少と少子高齢化が始まっている日本で、
希少性が高く、価値が高まる可能性が高い不動産は、
都心プライムエリアの商業地の物件です。
都心プライムエリアの商業地の物件であれば、
短期での上下動を続けながらも長期的にみると
地価の上昇トレンドが期待できます。

その観点から選択すべきは都心にある高品質な中規模オフィス

人口減少と少子高齢化が始まっている日本で、希少性が高く、価値が高まる可能性が高い不動産は、
都心プライムエリアの
商業地の物件です。

都心プライムエリアの商業地の物件であれば、短期での上下動を続けながらも長期的にみると地価の上昇トレンドが期待できます。

住宅系のデメリット

オフィス賃料は景気によって変動幅が大きく、住居は変動幅が小さいのが特徴。

住宅系のデメリット

オフィス賃料は
景気によって変動幅が大きく、
住居は変動幅が小さいのが特徴。

ただ、不動産賃貸業を始めるには
高額な初期費用が必要で敷居が高い…

ただ、
不動産賃貸業を始めるには
高額な初期費用が必要で
敷居が高い…

ボルテックスがご提案している
都心のオフィスビルを各フロアに分割した
新しい不動産保有のカタチ
「区分所有オフィス®※なら
リスクを考慮して始められます。

ボルテックスが
ご提案している
都心のオフィスビルを
各フロアに分割した
新しい不動産保有のカタチ
「区分所有オフィス®※
ならリスクを考慮して
始められます。

東京都心5区の商業地に建つ
中規模オフィスビルの取り扱い。

フロアごとあるいは
部屋ごとに分譲し
リスクを考慮して販売。

ハイクオリティ「VORT」物件一例

ハイクオリティ「VORT」
物件一例

事業安定化を目的にボルテックスの「区分所有オフィス」でローリスクな資産運用を始めませんか?

事業安定化を目的にボルテックスの「区分所有オフィス」でローリスクな資産運用を始めませんか?

ボルテックスが提供する「区分所有オフィス」は良質な物件の購入から利益最大化まで4つのポイントでトータルサポート。

ボルテックスが提供する「区分所有オフィス」は良質な物件の購入から利益最大化まで4つのポイントでトータルサポート。

#1 収益性の高さ

需給がタイトな中規模ビルは、市場競争による賃料下落が
起きにくいため高い賃料を長期間維持しやすい。
また長期レントも期待できる。

#1 収益性の高さ

需給がタイトな中規模ビルは、市場競争による賃料下落が起きにくいため高い賃料を長期間維持しやすい。
また長期レントも期待できる。

#2 安定性

一棟買いによって管理組合を組成し長期修繕計画に基づき運用するため、突発的な修繕コストを平準化しキャッシュフローの安定化が可能。
バリューアップ工事は弊社負担で実施。

#2 安定性

一棟買いによって管理組合を組成し長期修繕計画に基づき運用するため、突発的な修繕コストを平準化しキャッシュフローの安定化が可能。
バリューアップ工事は弊社負担で実施。

#3 土地の価値が高い

一定規模以上の土地は、開発用途が多岐にわたり価値が高いため、
市場において高値で取引される。

#3 土地の価値が高い

一定規模以上の土地は、開発用途が多岐にわたり価値が高いため、市場において高値で取引される。

#4 流動性

平均売却所要日数  68日

一棟ビルを小口化することで、 単価は下がり購買層が拡がることで高い流動性を誇る独自の マーケットが形成されている。

※2013年3月から2020年12月までに、 弊社がオーナー様より媒介依頼を受けて仲介販売した物件の平均値になります。

#4 流動性

一棟ビルを小口化することで、 単価は下がり購買層が拡がることで高い流動性を誇る独自の マーケットが形成されている。

平均売却所要日数  68日

※2013年3月から2020年12月までに、 弊社がオーナー様より媒介依頼を受けて仲介販売した物件の平均値になります。

区分所有オフィスだからできる
高利益率の売却実例

はじめての方でも安心なスタートアップ保証で不動産賃貸業の不安に応えたトータルサポートを実現。

はじめての方でも安心なスタートアップ保証で不動産賃貸業の不安に応えたトータルサポートを実現。

  • 設備メンテナンス費用保証
    設備メンテナンス
    費用保証
    物件のお引き渡しから2年間
    設備メンテナンス費用を最大販売価格の10%分保証
  • 原状回復費用保証
    物件のお引き渡しから2年間
    原状回復費用を最大販売価格の10%分保証
  • 空室保証
    物件のお引き渡しから1年間
    賃料などの100%を最大3カ月分保証

※一棟販売物件や弊社が「売主」ではない物件、ご購入された物件の全部または一部を自己使用された場合は適用対象外とさせていただきます。

※原状回復費用保証と設備メンテナンス費用保証は一体のものであり、上限額は両保証をあわせて、ご購入価格(税込)の10%分となります。

※本サービスの詳細、適用条件などについては別途サービスのご紹介資料にてご確認ください。

一棟販売物件や弊社が「売主」ではない物件、ご購入された物件の全部または一部を自己使用された場合は適用対象外とさせていただきます。

原状回復費用保証と設備メンテナンス費用保証は一体のものであり、上限額は両保証をあわせて、ご購入価格(税込)の10%分となります。

本サービスの詳細、適用条件などについては別途サービスのご紹介資料にてご確認ください。

また、事業承継や相続対策にも非常に効果的財務の安定化を目指すなら不動産賃貸業がおすすめです。

また、事業承継や相続対策にも非常に効果的財務の安定化を目指すなら不動産賃貸業がおすすめです。

  • 相続対策
    「区分所有オフィス」を活用することで、「資産の圧縮」「資産の円満分割」「生前贈与」などによって相続税評価額の大幅な圧縮に成功。相続のさまざまなお悩みも「区分所有オフィス」が解決。
  • 事業承継
    事業承継へ向けては、自社株の評価額を下げるために新たに不動産取得することも考えられます。
    設備投資については、「少額減価償却資産の特例」や「中小企業投資促進税制」などの優遇税制があります。インカムを取りつつ、将来の事業承継対策の準備を。

ボルテックスの「区分所有オフィス」で事業安定の一歩を。

ボルテックスの「区分所有オフィス」で事業安定の一歩を。