財務戦略支援

ボルテックスが考える財務戦略支援とは

背景とニーズ喚起

本業が好調であっても、しっかりとした財務戦略がないと、企業の安定した成長はありません。いくら魅力的な商品やサービスを開発し、優秀な人材を確保しても財務機能が高くなければ企業価値は向上しないのです

財務基盤がしっかりしていなければ、事業の継続が困難になることもあります。財務戦略の重要性は、帳簿上では黒字であっても事業を辞めざるを得ない企業が存在することからも分かります。しかし財務戦略とは、帳簿をどのようにつけるかということではありません。

具体的なサービスの考え方

当社は各業界の状況やトレンドに精通した専門家が経営者の皆さまのご相談に応じます。同じ業界でも、取るべき財務戦略は千差万別。企業の規模や歴史、取引先との関係性によっても異なりますし、経営者の意向も大きく反映されるべきだからです。

具体的に考えるべき財務戦略には、保有資金の運用方法、内部留保資産や保有株式の有効な活用方法、役員退職金の確保など多岐に渡ります。

企業経営に必要不可欠なのが資金繰り(資金調達)です。資金繰りには銀行借り入れ、増資、第三者割当増資、IPOなどが挙げられます。

資金繰りに並んで、経営者にとって関心が高いのがタックスマネジメントです。


(出所)財務省

企業それぞれの個性や強み、置かれた環境や歴史を、しっかりと理解したうえで、的確な分析と戦略的なご提案を実現します。

支援内容のリスト

  • 資金、資産運用の提案
  • 内部留保資産の有効活用
  • 保有株式の有効活用
  • 役員退職金の準備
  • ほか

ボルテックスが考える不動産とは

ボルテックスが考える不動産