事業承継や事業継続、不動産事業、オフィス購入なら、区分所有オフィスの【ボルテックス】

ハイクオリティ・ブランド「VORT」

ボルテックスのサービス

不動産を流動資産へ
ハイクオリティ・ブランド「VORT」

「VORT」のブランドコンセプトや特長をご紹介します。

「VORT」シリーズの特長

  • VORT VORT
  • 当社は、物件を一棟で仕入れ、区分化の後に区分所有オフィスの「VORT」ブランドとして販売しています。当社が一棟仕入をすることにより、バリューアップ工事、区分化、管理組合の組成や遵法性の確保のみならず、長期修繕計画の策定や省エネ化に至るまで、当社のスキル、ノウハウ、交渉力、行動力のすべてを「VORT」ブランドに注ぎ込むことができます。「VORT」は、市場に流通する不動産の中でもクオリティが高く、収益実績や修繕履歴などが豊富に蓄積されており、収益効率が見えやすいのも特長の一つです。また、その希少性によって流動性が高いことも魅力と言えます。こうした特性を持つボルテックスの商品「VORT」は、「区分所有オフィス」の高い収益性・流動性を最も象徴するハイクオリティ・ブランドです。
矢印

ボルテックスが取り扱う物件の特長

ボルテックスでは、独自の「発掘・管理戦略」「安定性」「付加価値の創出」によって、多くのお客様に価値の高い区分所有オフィス等の不動産をご提供しております。ここからは、当社の物件発掘・管理・バリューアップの取り組みについてご紹介します。

  • 特長1 特長1
  • 独自の物件発掘と管理

当社では独自の戦略に基づいた物件発掘と、私たちしか持ち得ないノウハウを活かした管理で、お客様へ運用価値の高い物件をご提供しています。ここでは、それを物語る事例をご紹介します。

  • “逆張り”戦略に基づく物件発掘と、行動力を活かした物件管理

    ボルテックスの物件発掘および管理戦略。それを物語る実績のひとつに、新宿のとある物件の仕入れ・管理事例があります。 リーマンショックで不動産価格が急落し、当時は不動産に買い手やファイナンスを付けるのが非常に困難だった時期。そのような状況のなか、当社は独自のリーシング戦略やプライシング戦略に基づく綿密な運用計画とこれまでの実績を駆使して、金融機関からの融資を獲得。 さらに物件仕入れ後は、運用計画に基づく的確なプライシング&ターゲティングによるリーシング戦略を展開することで、仕入れ時に全空室だったオフィスフロアの満室稼働を実現。このような“逆張り”戦略に基づく物件発掘と私どもしか持ち得ない行動力を活かした物件管理によって、運用価値の高い物件をお客様に提供することが可能になります。

  • 独自の物件発掘と管理攻略 独自の物件発掘と管理攻略
  • 特長2 特長2
  • 一棟の区分化で創出する高い安定性

  • 現状把握がリスクを最小限に抑える最重要ポイント

    仕入れ後の物件に対しまず行うのは「現状を知る」ことです。遵法性やテナントなど、ありとあらゆる現状を把握し、問題が見つかれば是正していきます。たとえば、用途不明の地下室が原因で、容積率がオーバーしてしまっていた事例があります。建築法違反は物件の売買や融資に大きく影響するため、容積率オーバーの地下室は埋めることにし、建築法規を順守しました。

    その他、複雑な権利関係の調整や区分所有に伴う登記変更、管理組合の組成など、一棟ビルの区分化にはさまざまな作業が発生します。他社からすると非効率的な作業かもしれませんが、そこに収益力を最大化し、リスクを可能な限り抑える最重要ポイントがあると当社は考えています。その結果は、当社のこれまでの実績、また保有物件をご確認いただければご理解いただけるはずです。

  • 一棟の区分化で創出する高い安定性 一棟の区分化で創出する高い安定性
  • 特長3 特長3
  • さらなる付加価値を創出

  • 常識に囚われない自由な発想で収益力向上を実現

    当社は物件へさらなる付加価値を創出するための「バリューアップ」を行っています。事業系ビルの区分化は分譲マンションなどの住居系に比べて、事例やノウハウが少なく、決まった形があるわけではありません。そのため、世間一般の常識にとらわれることなく、自由な発想で収益力の向上が実現できます。

    エリアごとの特性、近隣の競合物件の動向を調査したうえで、どのようなバリューアップが必要かを検討。さらに「管理方法を変えてみよう」といったアイデアも積極的に採用し、収益につなげています。こうした施策が実を結び、当社の物件は常に高い競争力を維持し続ける“ボルテックスでしか手に入らない”ものになっています。

  • さらなる付加価値を創出 さらなる付加価値を創出

ボルテックスが実証する
付加価値創造の物件事例

  • VORT麻布maxim

    撮影日:2021年5月

  • VORT麻布maxim

    本物件は、都営大江戸線「赤羽橋」駅 徒歩1分という立地に位置し、有名店が軒を連ねる麻布十番にも徒歩圏内、大使館も点在する国際色豊かなエリアです。
    さらに、周辺では近年虎ノ門・麻布台エリアを中心に再開発も行われており、今後このエリアの発展が期待されます。そんな都心のプライムエリアにありながら、1フロア約150坪のオフィスフロアという希少性を有しております。

    BELS この建物のエネルギー消費量0%削減 2021年12月21日交付 国土交通省告示に基づく第三者認証

  • VORT外苑前Ⅲ

    撮影日:2018年9月

  • VORT外苑前Ⅲ

    本物件は、東京メトロ銀座線「外苑前」駅 徒歩5分、外苑西通り(通称:キラー通り)沿いに建つオフィス店舗ビルです。周辺エリアでは、2021年に行われた国際的スポーツイベントで使用された“新国立競技場”や、青山ベルコモンズ跡地に開業したオフィス・ホテル・商業の複合施設“the ARGYLE aoyama(ジ アーガイル アオヤマ)”といった街のシンボルが立ち並びます。建物は2018年2月に竣工した築浅物件となり、ガラス張りであることも相まって視認性に優れた物件です。

    BELS この建物のエネルギー消費量33%削減 2021年12月16日交付 国土交通省告示に基づく第三者認証

  • VORT外苑前Ⅲ

    撮影日:2018年9月

  • VORT四谷

    撮影日:2021年8月

  • VORT四谷

    本物件は南北線「四ツ谷」駅 徒歩3分という立地に位置しております。
    また、四谷は東京、銀座、六本木、渋谷、霞が関、新宿、渋谷など、東京を代表する主要エリアから5キロ圏内に位置しており、その利便性のよさからビジネス、商業のポテンシャルも高いです。2020年1月に竣工し四谷のランドマークとなった複合施設「CO・MO・RE YOTSUYA(コモレ四谷)」にはLINEグループなどの有名企業が多数入居しており、街の活性化を担っているため、今後このエリアの発展が期待されます。

    BELS この部分のエネルギー消費量40%削減 2021年12月17日交付 国土交通省告示に基づく第三者認証

  • VORT銀座DDI

    撮影日:2018年5月

  • VORT銀座DDI

    東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅 徒歩3分、各線「銀座」駅 徒歩5分、銀座の中央通りから一本入った場所に位置している店舗ビルです。
    日本一の地価を誇る銀座エリアは、飲食、ファッション、ラグジュアリーを中心に100年以上の歴史を誇る老舗から新しくできた店舗まで幅広い世代の人気を集めており、日本を代表する商業エリアとなっております。

    BELS この建物のエネルギー消費量0%削減 2021年12月17日交付 国土交通省告示に基づく第三者認証

  • VORT銀座DDI

    撮影日:2018年5月

  • VORT水道橋Ⅲ

    撮影日:2020年12月

  • VORT水道橋Ⅲ

    JR中央・総武線「水道橋」駅 徒歩4分、都営三田線「水道橋」駅 徒歩5分に位置する立地のよさに加え、2020年1月に竣工の築浅物件です。
    水道橋エリアは、23区のほぼ中央に位置し、アクセス環境に優れているため、「東京ドーム」をはじめ、自動車会社や通信会社などの大手企業や、「日本大学」「明治大学」などの有名大学が点在する活気に満ちたエリアです。

    BELS この建物のエネルギー消費量41%削減 2021年12月15日交付 国土交通省告示に基づく第三者認証

  • VORT AOYMAⅡ

    撮影日:2019年12月

  • VORT AOYMAⅡ

    本物件は、銀座線を除く地下鉄各線「渋谷」駅 徒歩約7分圏内、青山通りに面し、特徴的なデザインで芸術性と視認性が高い物件です。
    青山通りは、若者の街「渋谷」と大人の街「青山」、さらには六本木から運ばれてくる国際色豊かなカルチャーが混在し、独自の空気感が醸成されているエリアです。
    また、今後渋谷のみならず青山でも多くの再開発が予定され、さらに大きな変貌を遂げる可能性を秘めています。

    BELS この建物のエネルギー消費量37%削減 2021年12月21日交付 国土交通省告示に基づく第三者認証

  • VORT AOYMAⅡ

    撮影日:2019年12月

BELS(ベルス)とは、建築物省エネルギー性能表示制度であり、新築・既存の建築物における省エネルギー性能を、第三者評価機関が評価し認証する制度です。