ボルテックスのサービス

不動産を流動資産へ
ハイクオリティ・ブランド「VORT」

「VORT」のコンセプトや特長をこちらのページではご紹介します。

「VORT」シリーズの特長

矢印

ボルテックスが取り扱う物件の特長

ボルテックスでは、独自の「発掘・管理戦略」「安定性」「付加価値の創出」によって、多くのお客様に価値の高い区分所有オフィス等の不動産をご提供しております。ここからは、当社の物件発掘・管理・バリューアップの取り組みについてご紹介します。

  • 特長1 特長1
  • 独自の物件発掘と管理

当社では独自の戦略に基づいた物件発掘と、私たちしか持ち得ないノウハウを活かした管理で、お客様へ投資価値の高い物件をご提供しています。ここでは、それを物語る事例をご紹介します。

  • “逆張り”戦略に基づく物件発掘と、行動力を活かした物件管理

    ボルテックスの物件発掘および管理戦略。それを物語る実績のひとつに、新宿のとある物件の仕入れ・管理事例があります。 リーマンショックで不動産価格が急落し、当時は不動産に買い手やファイナンスを付けるのが非常に困難だった時期。そのような状況のなか、当社は独自のリーシング戦略やプライシング戦略に基づく綿密な運用計画とこれまでの実績を駆使して、金融機関からの融資を獲得。 さらに物件仕入れ後は、運用計画に基づく的確なプライシング&ターゲティングによるリーシング戦略を展開することで、仕入れ時に全空室だったオフィスフロアの満室稼働を実現。このような“逆張り”戦略に基づく物件発掘と私どもしか持ち得ない行動力を活かした物件管理によって、投資価値の高い物件をお客様に提供することが可能になります。

  • 独自の物件発掘と管理攻略 独自の物件発掘と管理攻略
  • 特長2 特長2
  • 一棟の区分化で創出する高い安定性

  • 現状把握がリスクを最小限に抑える最重要ポイント

    仕入れ後の物件に対しまず行うのは「現状を知る」ことです。遵法性やテナントなど、ありとあらゆる現状を把握し、問題が見つかれば是正していきます。たとえば、用途不明の地下室が原因で、容積率がオーバーしてしまっていた事例があります。建築法違反は物件の売買や融資に大きく影響するため、容積率オーバーの地下室は埋めることにし、建築法規を順守しました。

    その他、複雑な権利関係の調整や区分所有に伴う登記変更、管理組合の組成など、一棟ビルの区分化にはさまざまな作業が発生します。他社からすると非効率的な作業かもしれませんが、そこに収益力を最大化し、リスクを可能な限り抑える最重要ポイントがあると当社は考えています。その結果は、当社のこれまでの実績、また保有物件をご確認いただければご理解いただけるはずです。

  • 一棟の区分化で創出する高い安定性 一棟の区分化で創出する高い安定性
  • 特長3 特長3
  • さらなる付加価値を創出

  • 常識に囚われない自由な発想で収益力向上を実現

    当社は物件へさらなる付加価値を創出するための「バリューアップ」を行っています。事業系ビルの区分化は分譲マンションなどの住居系に比べて、事例やノウハウが少なく、決まった形があるわけではありません。そのため、世間一般の常識にとらわれることなく、自由な発想で収益力の向上が実現できます。

    エリアごとの特性、近隣の競合物件の動向を調査したうえで、どのようなバリューアップが必要かを検討。さらに「管理方法を変えてみよう」といったアイデアも積極的に採用し、収益につなげています。こうした施策が実を結び、当社の物件は常に高い競争力を維持し続ける“ボルテックスでしか手に入らない”ものになっています。

  • さらなる付加価値を創出 さらなる付加価値を創出

ボルテックスが実証する
付加価値創造の物件事例