【お客様事例】タチバナ食品 株式会社
タチバナ食品 株式会社 立花 輝夫 様

資産運用

退去から2週間以内での新入居
賃料交渉など卓越した運用管理

タチバナ食品 株式会社 代表取締役社長

立花 輝夫

多角的な分析と論理的な裏付けに確信したキャピタルゲイン

 当社は2018年7月で設立から丸30年を迎えます。これまで山菜水煮といった商品の取り扱いをメインに、消費者の皆様と小売店との信頼関係を着実に積み上げてきました。現在では埼玉、高崎、奈良、仙台、札幌に営業所を構えるまでに成長でき、これからも皆様の食生活の発展に寄与していきたいと考えております。  今回、私がボルテックスの商材の購入を決めた最大の理由は、「キャピタルゲインが狙える」と納得できたことに他なりません。この話が挙がったのは2020年に開催されるオリンピックに向けて、東京の不動産価格が上がるのでは?と、漠然と思いを巡らせていた頃でした。営業担当が開示してきた各種資料は多角的に分析されており、それを論理的に裏付けしてくれたのを覚えています。また営業担当のしっかりとした対応に好感が持て、商談が進むにつれて信用するに足ると感じられたのも要因の一つです。  その結果、金額的にはとても大きな決断ではありましたが、躊躇することなく物件の購入に至りました。

退去から2週間以内での新入居 賃料交渉など卓越した運用管理

 購入後に気になるのが、やはり物件の運用管理でした。入居にあたっての賃料の交渉、退去者がでてしまった後の対応などです。しかし、それはすぐ杞憂に終わりました。それは、とあるテナントが退去した時です。退去から2週間もかからずに新たに入居させただけでは無く、賃料が12%以上もアップしていたのです。その対応の見事さに、正直感心しました。  また、いつでも相談できる窓口が充実しているのも有り難いですね。今後も末永く取引を続けていきたいと思っています。

お客様紹介

タチバナ食品 株式会社 立花 輝夫 様

タチバナ食品 株式会社 代表取締役社長

立花 輝夫

事業内容

各種山菜水煮、その他食品の販売・企画・製造

所在地
〒370-1124
群馬県佐波郡玉村町角渕5216-1
URL
http://www.tachibana-foods.com/

当社は昭和54年より群馬県内において、わらび・たけのこ・めんまなど山菜水煮の需要開拓とその普及に全力を注いで参りました。 当初、地域の人々の食習慣として馴染みの薄かった食材もあり、スーパー・小売店での試食会や調理法の提示など地道な努力を展開することで、消費者の皆様のニーズを掘り起こしつつ、小売店との信頼関係を築いてきました。 「誠実であること」をビジネスの原則・社員の行動指針として、現在全国6ヶ所の営業所から皆様の食卓へ豊かさをお届けしています。 一昨年に新商品として『スイートコーン』を手がけ、手軽に調理できるという観点からもご好評を頂いております。ぜひ一度ご賞味下さいませ。