プレスリリース

株式会社ボルテックスは、当社100%子会社として2018年4月1日 株式会社ボルテックスデジタルを設立(代表取締役社長 清水 覚:以下ボルテックスデジタル)、8月より正式に事業を開始いたしました。ボルテックスデジタルは、当面、親会社であるボルテックスが区分所有オフィスを販売していく中で蓄積したデータ、日々の営業データ、顧客データをデータベース化し、BI(ビジネス・インテリジェンス:Business intelligence)を駆使し、ビジネスに関する数字から、経営判断や顧客動向、売り上げ分析などを行う業務が主となります。

株式会社 ボルテックスデジタル

代表取締役:清水 覚

1981年3月 京都産業大学理工学部卒業

1981年4月 株式会社テス入社 システム開発を手掛ける

1984年4月 株式会社シーグ創設メンバとして参画、システム開発マネジメントを実施

1995年2月 株式会社シーグ取締役として就任、コンサルティング業務を軌道にのせる

2007年5月 株式会社インフィニットコンサルティング創設、取締役として就任
(東証一部上場企業グループのITコンサルティング会社として実績を上げる)

2017年10月 株式会社ボルテックス情報システム統括部長就任

2018年4月 ボルテックスデジタルへ兼務出向 代表取締役就任

資本金:30,000,000円

当面は、親会社のビジネスをシステム面から支援していきますが、3年目より、総合コンサルティング企業を目指すボルテックスグループの一員として、BIはもとよりAI(人工知能:Artificial intelligence)を活用したシステムを外部のクライアントに対し提供していくことを目標としています。

Bi画面サンプル(商談スコア)a

営業活動支援ツール画面

Bi画面サンプル(着地予測)a

売上予測ツール画面