プレスリリース

株式会社ボルテックス(東京都千代田区 代表取締役社長 宮沢 文彦)は、麻布十番の洗練された大人の街に一棟仕入れ物件として「VORT麻布十番Ⅱ(仮称)」を2018年7月24日(火)に取得しましたのでお知らせいたします。今後、当該物件は収益物件として販売を予定しています。

本物件は、東京メトロ南北線「麻布十番」駅より徒歩2分、都営地下鉄大江戸線「麻布十番」駅より徒歩4分の麻布通りの路地裏に位置する2009年5月に竣工の店舗専用ビルになります。大通りから一本入った、閑静な雰囲気で大人の隠れ家として適している立地にフレンチ・イタリアン・懐石・鉄板焼等の店舗が現在入居しており、比較的に客単価の高い店舗が多いのが特徴です。今後、物件のバリューアップを図るため、当社にて外装・共用部分の改修等の修繕を実施する予定です。

今後も、当社独自の不動産戦略のソリューションを通じて、より多くのお客様の企業価値・事業継続性の向上をサポートさせていただき、次代の100年企業を一社でも多く創出できるようサービスの向上を図ってまいります。

修繕前・修繕後のイメージ

ハイクオリティ・ブランド「VORT®」》

VORTシリーズとは、その収益性・流動性の“象徴”ともいうべき「区分所有オフィス」のハイクオリティ・ブランドです。

同ブランドは、物件価値を高めるためにバリューアップ工事を実施するとともに、「区分所有オフィス」のパイオニアである当社ならではのコストの削減や管理ノウハウなど、経験に裏打ちされた充実のサービスにより高い評価をいただいてきております。