プレスリリース

新宿区新宿御苑エリアに「VORT新宿御苑(仮称)」として新規に物件を2018年6月14日(木)、取得しましたのでお知らせいたします。
今後、「VORT新宿御苑(仮称)」は収益物件として区分で販売予定です。

本物件は新宿通りに位置し、丸ノ内線「新宿御苑前」駅から徒歩3分、丸ノ内線・副都心線・都営新宿線「新宿三丁目」駅から徒歩3分、JR各線「新宿」駅から徒歩8分とアクセスが良く、機動力のある立地が魅力的なオフィスビルです。
新宿御苑前駅周辺はオフィスと住居が混在するエリアで当該物件は新宿門からも近く、日中は多くの人が往来しています。特にここ最近では、新宿から歩いてくる外国人観光客の姿も目立ちます。建物の築年数は古いものの、取得後には約1億4千万円以上かけて大規模修繕およびバリューアップをし、物件の価値を高めてテナント様の満足度向上につなげる計画となっております。

VORTシリーズとは、その収益性・流動性の“象徴”ともいうべき「区分所有オフィス」のハイクオリティ・ブランドです。
同ブランドは、物件価値を高めるためにバリューアップ工事を実施するとともに、「区分所有オフィス」のパイオニアである当社ならではのコストの削減や管理ノウハウなど、経験に裏打ちされた充実のサービスにより高い評価をいただいてきております。

今後も、「区分所有オフィス」など当社ならではの不動産戦略のソリューションを通じて、より多くのお客様の企業価値・事業継続性の向上をサポートさせていただき、次代の100年企業を一社でも多く創出できるようサービスの向上を図ってまいります。
shinjyuku2