ボルテックスの強み

賃貸オフィス経営をワンフロアから手がけられる
「ビジネスモデル」「商品」「サービス」

創業100年を誇る長寿企業がサブビジネスとして不動産賃貸業を位置づけていることやオフィスビルを自社で運営する不動産会社が多いことから、不動産投資による収益性の高さは明らかです。この賃貸オフィス経営をより多くの企業様がワンフロアから手がけられるようにしたのがボルテックスのビジネスモデル「区分所有オフィス」。このページでは、区分所有オフィスというビジネスモデルを中心とした商品やサービスについてご案内します。

ボルテックスが提供する
不動産運用スキーム「区分所有オフィス」

マーカー
矢印

ビジネスモデル、商品、
サービスが三位一体となった
当社独自のソリューション

これまでの常識を覆し、賃貸オフィス経営をワンフロアから手がけられるようにした「区分所有オフィス」は、ボルテックスオリジナルの不動産運用スキームです。それだけにビジネスモデルと商品、サービスの一貫性に優れ、それらがまさに三位一体となることで最高の運用パフォーマンスを発揮します。これは、他社では決して真似のできないソリューションと言えます。

効果的な不動産活用を後押しするアセットマネジメント

アセットマネジメントの “3つの強み”

  • ワンストップでサポート ワンストップでサポート

    運用、管理はもちろん売却までワンストップでサポート

    土地活用や相続相談、CRE戦略など中長期的な資産運用やコンサルティングはもちろん、経営者様のご事情やニーズに即した管理・運営サービスのご提供もボルテックスが得意とするところ。さらに、独自の出口戦略を駆使した資産売却までワンストップでサポートいたします。

  • 独自のノウハウとネットワーク 独自のノウハウとネットワーク

    独自のノウハウとネットワークで ベストな運用・資金調達をご提案

    運用でどれだけの費用対効果が得られるのか、リスクはどうかなど、当社では緻密なシミュレーションを行い、利益が最大化する運用スタイルをお客様にご提案。さらに強い信頼関係で結ばれた金融機関との連携で資金調達もスムーズです。

  • 資産流動性 資産流動性

    区分所有オフィスならではの資産 流動性を活かし現金化もスムーズに

    金融商品に比べ流動性が低いことが不動産のデメリットでした。しかし、アセットが小口化される区分所有オフィスなら資産流動性に優れているため、いざという場合でも現金化が容易。もちろん、当社の顧客ネットワークを駆使すれば売却もスムーズに進められます。

アセットマネジメントについて

PICKUP ピックアップ

不動産戦略を実践し、ビジネスモデルの
実効性を自ら証明するボルテックス

私たちは不動産投資を皆様におすすめするだけでなく、率先して実行して成果を上げることで自らスキームの正しさを証明しています。
そんなボルテックスの財務戦略を具体的な実績でご紹介します。

当社の財務実績について